仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

欠点を長所に変える技術

欠点を長所に変える技術

こんにちは
仲田です。

欠点を長所に変える技術

===============================
僕は小さい頃からオネショぐせがあり
小学校、中学校はほぼ毎日
===============================

高校生になってもたまにやっていました。
自宅の庭には、毎日のように世界地図の布団が
干されていました。
日本地図を日本で初めて書いた伊能忠敬より上を行ってます。
なにしろ、世界地図ですから(笑

そんなんでしたから、性格も内気で
消極的、小学校、中学校の授業中
手を挙げたことは一度もありませんでした。
何をやるにも度胸がないので、後手後手になります。

25歳のとき、友人の紹介で営業会社に入りました。
高校を卒業するときは絶対に選ばなかった職種でした。
でも、その営業会社で意外なことが起こりました。
入社したその月に、なんと30万以上の収入を
得ることができたんです。

周りからは
「よくそんなスローな話し方で売れるね」って
よく言われました。

それから、3ヶ月もすると、トップクラスの
売り上げを上げていました。

僕は、修理屋さんだったとき
営業のイメージが、しつこい、口が上手い、
売りつけられるなどがありました。

だから、その逆をいきました。
優しい、口下手(もともとでした)
売りつけない。
そんな営業を続けていたら、多くの紹介をもらえるようになり、そこからさらに売り上げにつながりました。

それ以外にも、人前で話すことも苦手でした。
口から心臓が飛び出るんじゃないかと思うほどでした。

だから、後輩が人前で話すときの気持ちが痛いほどわかります。
緊張しないで話ができる人は羨ましいですが、
でも、話しを聞くとき、どうしても緊張している人の話しを
真剣に聞いてしまいます(苦笑

だって、その人の気持ちが痛いほど分かるからです。

こんな性格だから、部下の様子がいつもと違うな
というのが即分かります。

仕事のことで何か悩んでいるなとか
体調が悪そうだなとか
嬉しいことがあったのかなとか
いち早く気づきます。

このことは、僕が小さい時から
周りのことを気にしていたからだと思います。

オネショのふとん、友達に見られなかったかな?

授業中、手を挙げられてないこと
何か言ってないかな?

こんな消極的な僕に友達なんかできるかな?
などなど、いろんな悩みがありましたが
それが原因で、他の人には気がつかないことが、
気がつくようにもなり

いまは、それが長所に変わっています。
短所、バンザイですね。

世の中には目が見えないピアニストもいます。見えないことで、音楽の才能がずばぬけます。

首から下が麻痺していても、口にペンを加え、
そのペンでパソコンを自由自在に扱い
毎年億を稼いでいる方もいます。

何かが欠けている人は、その分、
何かに飛び抜けている才能に恵まれるんですね。

そんなことを考えていた雨の降らない山梨です。
きょうも、読んでいただきありがとうございました。
それでは また~
a:249 t:3 y:0

コメント


認証コード5881

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional