男が家を建てることを一生の夢にするな

こんにちは
仲田です。

男が家を建てることを一生の夢にするな

======================
これは、以前に勤めていた
エステの社長の言葉です。
======================

このことばを聞いた時、社長何言ってるの?と思いました。
そうカンタンには建てられないし、家を目標にしちゃ
いけないのか?
そのときは、理解できませんでした。

それから、社長が「これから店頭公開を目指すぞ!」
という話をされ、店舗も山梨だけしかなかったのを
近県から出店していきました。
長野県~群馬県~埼玉県~新潟県~静岡県
~埼玉県
気がついた時には28店舗にもなっていました。

僕も9店舗を任され、出店していきました。
各お店が正式にオープンを認められるのは
1ヶ月1000万円の売り上げを達成することです。

その式典の挨拶で何を話そうかと考えたと気
あの社長の言葉を思い出しました。
そう、あの言葉です。
「男が家を建てることを一生の夢にするな!」

家を建てるときは、家族が喜ぶだろうなとか
友達から聞いた話では
「リビングのフローリングに寝転がると
ホントやったぁって気持ちになるぞ」とか聞いていました。

確かに、家族は喜んでくれましたが
リビングのフローリングに寝転がっても
さほど感じませんでした。
あれっ、違うぞと思いました。

価値の基準が違うのかもしれませんが
エステの各店をオープンして挨拶の中で
家を建てる事よりも、はるかに感じていることの
違いが分かりました。

みんなと力を合わせ、達成したときの気持ちは
何にも代えがたい経験でした。
スタッフ一人一人が挨拶していくんですが
みんなの目からは、溢れんばかりの涙が
僕自身も感極まって泣いてしまいました。

オープンするまでのことが走馬灯のように
浮かびあがります。
お店も不動産屋を周り自分たちで探し、交渉し
求人も自分たちで考え、面接をし研修をし
営業をし、カウンセリングをし
自分たちの力で作り上げたこと。。。

このことが、社長が言っていたことなんだなと
気づかされました。
家を建てることも簡単ではありませんが
それをはるかに上回るものでした。

みんなと何かにチャレンジして成し遂げていくこと
これからもいろんなことにチャレンジして
更に価値ある経験をしていきたいと
あらためて感じました。

やっと梅雨らしい雨が降っている山梨です。
きょうも、読んでいただきありがとうございました。
それでは また~
a:110 t:1 y:1

コメント

  • TAP

    見ました。良い映画を教えてもらえて良かったです。 物凄いタップダンスで驚きました。 おじさんたち良かった。 サンドマンは長生きしたんですね。 グレゴリーハインズは57歳で亡くなり、病気でしょうか? レベルが高過ぎです。 昔の映画と思えず、現在も健在?と思ってしまう。 内容も良くて素晴らしいと絶賛します。


  • Re: TAP

    >>1そうですよね、あの爺さんたちただもんではないですよね。
    グレゴリーハインズはガンで亡くなったみたいですね
    もう少し長生きしてタップを見せて欲しかったです。



認証コード1345

コメントは管理者の承認後に表示されます。