仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

一番、忘れがちなこと

一番、忘れがちなこと

こんにちは
仲田です。

一番、忘れがちなこと

======================
唯一、会社を現実的な
姿として
把握できる手段。
======================

このことばは、カリスマ経営者の
カルロスゴーンさんのことばです。
日産の改革について「答えは社内にあった」と言われます。

若い社員で意見を言う人は少なかったそうです。
上司に気兼ねして言わないんです。
あれだけ大手の膾炙でもそうなんですね。

いくらいい人材がいても
すごいアイデアを持っていても
そこに意見を言いやすい環境がないと
生かされません。

先ほどの言葉の前にこんなことが書かれていました。

私が現場を重視するのは、現場がいろんなことを
実際に実現しているところだからです。
商品に直接手を触れたり、お客様と
直接接点があるのも現場です。
さらに競合他社の動向を見るのも現場なんですね。
つまり現場の人間がその会社の現実を
映し出しているわけです。であれば
経営者は直接現場の人間とコミニケーションを
とらなければなりません。
これが唯一、会社を現実的な姿として
把握できる手段なのですから。
             (気づく力より)

このことって、上場しているような大きな会社でも
出来てないところが多いですよね。
もちろん、小さな会社でも会話ができているかと
思うとそんなんでもないんです。

「事件は現場で起きているんだ」と叫びたくなります(苦笑

これからも意識していきたいです。
そんなこと考えていたら、ツバメの声が
もうとっくに帰ったと思っていたら
まだいてくれていたんですね。アリガト

きょうも、読んでいただきありがとうございました。
それでは また~🌻
a:100 t:1 y:0

コメント


認証コード7323

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional