仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

売れる人と売れない人の差はカンタンなことだった

売れる人と売れない人の差はカンタンなことだった

こんにちは
仲田です。

売れる人と売れない人の差はカンタンなことだった

====================
20代の時、売れる秘訣を
発見しました。
====================

20代の時、営業を始めてトップセールスマンの話を聞く機会がありました。
ブライダル食器のセットを10万円ぐらいで販売していました。
対象は20代の独身女性。その人の話を聞くまでは
洋食器のみとか、和食器のみ、グラスのみと1セットを
クレジット契約で販売していました。

ところが、その方は洋食器と和食器2セットを組み合わせて販売していました。
それまでは、お客さんに遠慮して1セットのみの販売でした。
このことを聞いて、実践してみるとお客さんと話す時間は同じで
倍の売り上げになりました。中には3セット購入してくれる方も。
自分が意識するだけで、スゴイ売り上げになり収入も2倍、3倍になりました。

このこと知らなかったら。。。ですね(苦笑

先輩にもすごい方がいて、飛び込み販売は一切しなくて
テルアポだけで約束をしてお客様と会い、ほぼ確実に
契約を上げてきていました。
そのやり方というのが、会うときにその方の学生時代の名簿を持参し
紹介をもらいます。クラスで仲が良かった人、同じクラブだった人
そしてその人に電話でひとこと言っといてくださいと頼みます。

だから、話を聞いてくれないということがほとんどないそうです。
紹介してくれた人からの伝言もしっかり伝えるので契約も確実です。

このやり方をしっかり聞き出し営業していくと社内でも
トップクラスの結果を残すことが出来ました。
以前は売り上げがいかないと「気合が足りないんだー!」とか
「訪問件数が足りないんだ、足で稼げー」なんて言われましたが
全然違いましたね(苦笑

売れる秘訣は、根性でも気合でもなく「聞く」ことですね。
売っている人に食らいついてでも聞き出すことです。
そんなことを思い出していました。

それでは また~
a:242 t:1 y:1

コメント


認証コード4670

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional