仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

育てらる人、育てられない人の違い

育てらる人、育てられない人の違い

こんにちは
仲田です。

育てらる人、育てられない人の違い

=====================
部下は上司を選ぶことができない
=====================

運よく、良い上司の下で働くくことが出来ればいいんですが中々難しいですね。
学校の先生でも、過去を振り返ると小学校から高校まで12年間の中で
いい先生だったなあと思える人、どれくらいいますか?
僕は2人ですね。12年間で先生が毎年変わったとして12人12分の2 16.6%
悲しくなります。。。

学校の先生も、一度も就職しないで部下になった経験もなく
生徒を育てるのって厳しいかも。
出も世の中にはサッカーの経験がなくてコーチや監督になっている人がいるから
全く無理でもないのかな。

その差は、「見てるか、見てないか」の差だと感じます。
学校でいじめがありますが、いじめの何がきついかというと
「無視」です。誰からも声をかけられず、相手にされない、
これは相当きついと思います。

ペットだって、毎日家族から声をかけられるからニコニコして飛んできます。
職場で声をかけてくれない上司がいたらどうですか?
でも、実際にそんな上司存在しますよね(苦笑
ただいるだけの上司。

逆によく声をかけてくれる上司
「○○ちゃん、おはよう!」
「○○ちゃん美容院行ってきたの、似合うよ」

この差は普段から見てるか見てないかですよね。
普段から仲間のことを気にしている上司だったら変化に気がつきます。
朝から機嫌が良ければ「何かいいことあったの?」
顔色が悪ければ「風でも引いた?」
だからって手取り足取りやりなさいってことじゃないんだ。

教えるのでなく、自分で考え自分なりの答えを見つけさせる。
新人さんは、「何も知らない」でなく自分で答えを見つけ出せる能力を
すでに持っているという意識が教える側にあることが大切です。

素敵な青空を見ながら、そんなことを考えていました。

素敵な週末を楽しんでください。
それでは また~
a:171 t:1 y:1

コメント


認証コード2859

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional