仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

何度来ても幸せになれる場所

何度来ても幸せになれる場所

何度来ても幸せになれる場所
(是枝裕和監督)

是枝裕和監督(55)の長編14作目となる最新作「万引き家族」(6月8日公開)がフランス南部で開催されている「第71回カンヌ国際映画祭」(8〜19日)の最高賞パルムドールなどを競うコンペティション部門に選出された。

テレビで報道された中で是枝裕和監督の言葉がすごく印象的でした。
その言葉とは「何度来ても幸せになれる場所」(カンヌ国際映画祭)
仕事?をしていてこういう気持ちになれることはすごく幸せだと思う。ただお金のために会社に通うなんて佗しすぎる。
自分のためにだけしている仕事や物事はつまらない。誰かが喜んでくれたり、感動してくれるという「反応」が必要だとかんじます。

たとえは、料理なんかがいい例だと思います。家族や仲間のために作って「うまい!」「まいう〜」の言葉や笑顔という反応があると作りがいがあります。また、作ってあげたいと思う。また、あの笑顔を見たいから。

是枝監督のあの言葉「何度来ても幸せになれる場所」そんな場所を求めて頑張りたい。

テレビを見ていてそんなことを考えていました。

暑さに気をつけてくださいね。
それでは また〜
a:94 t:1 y:0

コメント


認証コード6884

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional