仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

お金を稼ごうと考えた時、即求人誌を見る人はどこかに就職しようという考えしかない。

お金を稼ごうと考えた時、即求人誌を見る人はどこかに就職しようという考えしかない。

お金を稼ごうと考えた時、即求人誌を見る人はどこかに就職しようという考えしかない。
   (考えてるかニャア)

僕らが若い時は当たり前の考え方だった。でも、これだったら収入はしれている。最近の若者は起業にチャレンジしている人も増えている。この発想の転換で収入は大きく増えていく。

時給ばかり気にしている人は時給800円、時給1000円、時給1200円のわずかな選択肢の間を彷徨っている。雇ってもらえるうちはいいが高齢になればなるほど、それも厳しくなってくる。
「雇われる」から「自分で稼ぐ」と発想の転換をするだけで選択肢は無限に広がってくる。

これからの時代、雇われるから自立の時代に変化しないと自滅してしまう。とはいえ自分に取り柄も特技もないという人は露頭に迷う。今からでも遅くない仕事をしながら自分が好きなこと、得意なこと、人の役に立つことに磨きをかけて行こう。

お金がないから何もできないという人もいますが、いまの若者はこんな発想を持っている。

4分半で5000万調達。22歳起業家の「移動を無料に」する挑戦

5月12日、ある日本人起業家が、まさに「一瞬で」、資金の調達に成功した。
その男の名は、吉田拓巳。弱冠22歳の起業家だ。クラウドファンディングで資金を募ったところ、わずか4分半で5000万円が集まったというのである。
彼が打ち出したのは、「移動をもっと民主化する」という構想だ。
アプリで配車依頼をすれば、車が迎えに来て目的地まで送り届けてくれる。米配車サービス「ウーバー」を彷彿させるが、大きな違いがある。
それは、「運賃が無料」ということだ
(Newsピクスより)

いかがですか?
頭を柔らかくしてチャレンジしていきたいですね。

きょうも暑くなりそうですね
それでは また~
a:91 t:1 y:0

コメント


認証コード1420

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional