仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

マスクは身体に悪い?

マスクは身体に悪い?

マスクは身体に悪い?
    (マスクは身体に悪い)

ホントかいな?耳を疑いたくなります。なぜこんなことを思ったかというと、僕は気管支が悪くかなり長い間マスクをしていました。ところが最近顔にシミが異常繁殖してきたのです。(苦笑)まあ、年齢のせいもあるんだろうなと軽く考えていました。なんとなくグーグルで「マスクは身体に悪い」と検索してみました。驚くことに1070000件もヒットしました。ついでに「マスクはシミの原因?」と検索すると、さらに上まわり2130000件ヒットしました。これらのことを知っている人たちはどれくらいいるのだろう。

僕はマスクというものは長所はあっても欠点はないと思っていました。中にはポリプロピレン製のマスクは癌になる可能性があるという記事も載っていました。ガーゼのマスクならいいそうです。シミの場合もマスクと肌がこすれ刺激されシミになるそうです。

その他にも、マスクでほうれい線が深くなったとか、老け顔になったとか、顔がたるむなど振り返ってみれば思い当たることがいくつも出てきました。マスクのいいところは風邪などの予防対策です。外国から見ると日本人は異常だといいます。マスク大国ですね(苦笑

風邪などひいている人こそマスクをして欲しいのですが、そういう人ほどしてないですよね。

こんな記事がありました「マスクでウイルスは予防できない!?」
ウイルス予防のためにマスクを着けている人は多いですが、実際にどれだけのウイルス予防効果があるのかを検証したデータがあります。
2011年に英国オックスフォード大学の研究チームが発表した論文です。実験内容は、後述する「N95マスク」や「サージカルマスク」(市販の家庭用マスク)など異なる防護グッズを各グループに与えて、感染率のデータを取ったものです。
すると、サージカルマスクのみを装着したグループの結果は、10人全員がインフルエンザウイルスに感染していました。つまり、普通のマスクではウイルス予防にはならないというのです。

「ウイルス感染予防に役立つ「N95」」
普通のサージカルマスクではウイルス予防効果がないのは非常に残念ですが、そこで役に立つマスクがあります。上記の実験でも使われていた「N95マスク」と呼ばれるものです。
N95マスクとは、米国国立労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた、N95規格という基準をクリアしたマスクで、0.3µm(マイクロメートル)以上の微粒子を95%以上捕集することができる性能があるということを意味します。
市販もされているこのマスクは、通常のサージカルマスクよりも密閉性が高いために呼吸が少ししづらいようですが、前述の実験でもN95マスクをした5人のうち、ウイルスに感染したのは3人に留まったのです。
N95マスクだからといって完全にウイルスを排除できるというわけではありませんが、その効果はカナダ内科学会(CMA)が実施した別の調査でも認められています。ウイルス予防に細心の注意を払っておきたい方は、「N95規格」という表記を覚えておいてください。   (SORAより)

今回のこの件で思ったのですが、固定観念って怖いなってことです。絶対大丈夫って思っていたことが実は違っていた。みんながマスクしているから自分もッて考えはダメですね。きちんと自分で考え判断していきたいですね。ビジネスも人生も。

マスクを見なっ柄そんなことを考えていました。
それでは また~
a:168 t:1 y:0

コメント


認証コード0367

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional