仲間の才能に気づいてあげることで急成長しちゃいます

【楽しみに変えられる能力】

【楽しみに変えられる能力】

よく世の中で何かを達成した人のインタビューを聞くと「当たり前のことをやっただけです」ということばをよく耳にします。

ビジネス雑誌「プレジデント」の調査によると、年収2000万円以上の人で、
仕事時間外に勉強していると答えた人は、7割の69.2%。

また、年収500万円の人で、
家で勉強していると答えた人は
4割の41.2%でした。
これも当たり前と言えば当たり前

昨日のプログの記事で
例えば毎朝、定時の10分前に出社すれば、みんなから信頼されることなんて小学生でもわかるじゃないですか。
これも志ある人なら当たり前のこと。

できる人から見たら当たり前なのに
そうでない人からしたら当たり前じゃない。何故、その差ができるのか考えてみた。できる人からしたら、その行為が楽しいと感じるからだ。

僕がエステのマネージャー時代に、担当してい5店舗を1週間で周っていました。
甲府から上越店、柏崎店、新潟店、前橋店、太田店
新潟店まで一気に行くときは、約5時間かかりました。途中2回ぐらい休憩するんですが、かなりハードです。でも、運転しながら、着いたらどんな話をしようかなとか、新しい情報とか、いろいろ考えながら行くと楽しいものでした。

新潟は、ご飯やお酒が上手いのも良かったですね。(苦笑
何かをやるとき、それを楽しみに変えられる能力が必要です。

これができると、仕事が大変だとかきついと感じません。むしろ楽しいしやりがいを感じます。

楽しみに変える方法は、目的やゴールを大きく持つことです。たとえは、当時店舗が28店舗だったのて、それを100店舗にしようと頑張っていました。それには、人材も必要だし、教育、考え方などやりたいことは山ほどありました。

それには、自分自身が成長しないと仲間を成長させることはできません。「成長」にフォーカスするとワクワクします。仲間が成長する姿に何度目頭が熱くなったことか。だから、そのためにできることを考えたり、学んだりすることは自分自身の成長にも繋がります。
人に教えることが一番の学びだともいいます。

いまにも雨が降ってきそうな雨雲を見ながらそんなことを考えていました。

それでは また〜
a:38 t:1 y:0

コメント


認証コード9538

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional